YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

改めて認知症ケアを考えてみた

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_2808497_S















●改めて認知症ケアを考えてみた

介護現場で働いていて認知症ケアは切っても切り離せないものです。
一つに認知症ケアと言っても、医療面からのアプローチと介護面からのアプローチでは大きく違います。
ここでは、介護面からのアプローチについて話します。

①介護が目指す認知症ケア
介護が目指す認知症ケアは治すことが目標ではありません。
中核症状と言われている記憶障害や見当識障害治すことは困難です。
BPSDをなくすのは難しいかもしれませんが、限りなくゼロに近づけて、利用者が落ち着いた生活を過ごしてもらうことが出来るよう、アプローチすることです。

②BPSDとは
介護職には当たり前の言葉となったBPSD。周辺症状とも言います。
昔は問題行動なんて言っていた時期もありましたね。
このBPSD、代表的なものは暴力行為や徘徊等が挙げられます。
このBPSDには利用者個々に理由が必ずあります。
その理由を見つけだし、BPSDをなくしていくようアプローチすることが必要です。

③BPSDにも個人差が
前記②でも書きましたが、個人個人BPSDが出る理由は違います。
認知症を医学的に分類すると、アルツハイマー型・脳血管性・レビー小体型・ピック病等々、複数に分類されています。
医学的な分類に合わせ、介護的な観点から、「何故このようなBPSDがでるのか」を利用者個々で検討していく必要があります。

④認知症を発症した方々は自分の世界を作り出す
認知症を発症し中程度の進行が認められる方々は、自分の世界を作り出すことが多いです。
一番自分らしい時代に戻っている。
理想の自分になっている。
などなど。
この自分の世界はBPSDをなくすためにはとても重要です。
介護する側が、その方の世界を理解せずに、現在の世界の中でケアをしても、ケアを受ける利用者は理解できず、余計に穏やかな生活が送れなくなります。

⑤介護現場で陥りやすい問題
介護職は認知症ケアについて必ずと言っていいほど勉強をします。
資格取得の際には確実にカリキュラムに入っていますし、働き始めてから事業所での研修もあります。
認知症とは、中核症状とは、BPSDとは、認知症ケアは利用者に寄り添うことから、などなど。
確実に学んでいるのに、それをあまり活かしきれない介護職が多いように感じます。
基本は基本として、認知症ケアに重要なのは応用です。
例えば徘徊。
ずっと歩いている理由には何かあるはずなのです。
その理由を考える際にとても重要なのが、その利用者の生活歴にあります。
その方が歩き続ける理由。どこかに行きたいのか、何かをしたいのか。個々人によって違いはあり、個々に合わせたケアが必要になってきます。
介護現場で認知症ケアに注力をしていないところでは、徘徊をする理由が乏しかったりします。
トイレに行きたいのではないか、夕方になると落ち着きがなくなる人は多いから、などで済ましてしまい、その徘徊という行動を抑制することだけに頭がいってしまうのです。これでは、BPSDをなくす介護ではなく、BPSDを抑える介護ですね。
認知症ケアというものを知っていても、応用を効かせ個別ケアを提供できずにいる介護現場が多いと思います。
この問題、理解度が低いだけでなく、人員不足からも考えられます。
施設介護では個別ケアをしたくても、その利用者個人に職員一人付きっきりできない現実があり、日々、大事なことが薄れていくことも正直なところです。

⑥最後に
認知症ケアに重要な事。
その人の世界の住人になること。
我々介護職は、演技力が必須だと思います。
その方の行動を抑制するのではなく、その方の世界を理解し共存することが、BPSDを減らすことに繋がり、利用者が穏やかに過ごすことができます。
その様な利用者が増えると、施設介護現場全体が穏やかになり、介護職も働きやすい現場になります。
認知症ケアの充実は、利用者のためだけでなく、介護者のためでもあるのですね。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)



自立支援介護へ交付金に大賛成

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


pixta_16641194_S













・自立支援介護へ交付金に大賛成

2018年4月からの介護保険法の改定。現在議論が活発になってきていますが、その中で、自立支援介護への交付金があります。
簡単に言えば、国が自立支援介護の定義付けをし、その施策に則って結果を出した自治体に交付金を出すということです。

介護に全く関係していない人にはなんだかわからないでしょうが、介護事業所にとっては、この交付金は多い記です。
介護事業所の収益の多くは、国や自治体からの介護報酬です。
利用者の介護度によって介護報酬が変わります。
一番収入が多い状況は、利用者がすべて要介護5の状態です。

そんな中、介護事業者は利用者に対し、生活支援だけでなく、リハビリ等の自立支援に向けた介護を提供します。その提供したサービスによって利用者の介護度が改善された場合、事業所の収入は下がるのです。

他産業では考えられないことと思いますが、サービス提供によって結果が出た場合、収入が下がるのが介護業界です。

そこで、次期改定で自立支援介護で結果がでた自治体には交付金が出されることとなるのです。

事業所としては大きな改定となるはずです。

しかし、この改定、警鐘を鳴らしている方も多くいるようです。
「介護保険の財源難から、経費縮小のためだけの施策ではないか」
「介護事業者側の押し付け自立支援介護で利用者の気持ちを尊重しなくなるのではないか」
などなど。
介護保険の目的は自立支援であることは間違いなく、利用者が自立した生活を送れるよう支援することが介護事業者の本分であります。
ただ、そこに利用者の想いや利用者家族の想いをないがしろにしてはいけません。
利用者本位の考え方があって、その想いに対し自立支援介護を提供し、利用者の生活の継続性を目指す。それが介護であり、その中の一つでも欠けてはいけません。

この中の「自立支援介護」のみが独り歩きしているのではないかと警鐘を鳴らしている人が多いのですね。

この介護の本質が忘れられてはいけませんが、介護保険の財源難が今後更に見込まれる中、介護報酬は減らされていくことが間違いなく、介護事業所としては経営が困難になっていきます。

そこで、この交付金は、経営安定の一つの策となるはずです。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)




タ職種連携が出来ている介護施設は居心地が良い

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_13149764_S













●タ職種連携が出来ている介護施設は居心地が良い

介護業界は離職率が高いです。
退職理由は賃金や会社の経営方針等への不満以外に、職場の環境も大きなパーセンテージを占めています。
離職を少しでも防ぐため職場環境を良くするためだけでなく、仕事の効率化や利用者満足度の向上に繋がる策があります。
それは、多職種連携です。

介護サービスを提供する上で、多職種連携はつきものです。
利用者お一人お一人のカンファレンスには介護職・ケアマネージャー・看護職・PT・OTなどなど、様々な職種が参加し、利用者への介護内容を検討していきます。

私がここでお話するタ職種連携とは、このようなことではなく、職種の枠を取っ払って、皆で仕事をこなしていく連携のことです。

介護現場には、介護職・ケアマネージャー・看護職・PT・OT・福祉車両のドライバー・営繕職・清掃担当職員・事務員・管理職と、様々な職種が働いています。

資格が無ければできない仕事も多々あるので、すべての業務をシェアできるわけではありません。

利用者への身体介助は介護職に限らず看護職も手伝うとか、清掃は清掃担当の職員だけではなく、気づいたものがするとか、施設の修繕担当をする営繕職員の業務も、出来る者は他の職種が行っても良いですね。
介護施設は、利用者への直接サービスと同量ほどの間接業務がありますので、その部分は皆で助け合うことが必要ではないかなあと感じます。
特に管理職は、現場経験がある方がほぼ多数だと思いますので、事務仕事や営業だけでなく、現場の手伝いもしてよいですよね。
実際私が介護施設のホーム長をしていたころは、現場にでると嫌がられ、実際のところあまり手伝っていなかったので、偉そうなことは言えませんが・・・。

私が今まで働いた施設、出入りした施設で、「ここの施設は空気が重いな」と感じる施設は、上段に示した職員間の連携が出来ていないことがほとんどでした。

そんな空気の悪い施設の職員さんたち。
介護職員は「忙しいんだから事務所にいる人達や看護師たちも手伝ってくれればよいのに」と愚痴を言い。
看護職員は「看護職は現場を手伝う時間は無い。報告だけくれれば良い」と、古い習慣で介護職は看護補助的と割り切っている人がいて。
事務所にいる人達は、「私たちも忙しいんだから手伝えない」と事務所から出ることがほとんどなく。

このように、お互いがお互いをけん制してしまっているのです。

ここまでくると、助け合いの精神というものは全くなくなります。
職種間が上手くいかず、同職種同士では、他職種の悪口を言う。
ただでさえ忙しく大変な仕事ですので、このような職場環境になると、働き続けたいと感じなくなってきますよね。

逆に皆が自身の仕事をしっかりとこなしながら他の仕事も手伝う環境が出来ていると、職場の雰囲気が明るくなるのです。
誰でも助けられると悪い気持ちはしません。この前手伝ってもらったから、今度はお返しをという環境が出来てきます。
職種の壁がなくなると、職員同士の助け合いと思いやりが自然と出てきます。

このような環境の職場では、カンファレンス等の会議でも、活発な良い意見が交わされる傾向にあります。

良いサービスが提供され、施設の雰囲気も明るく、職員も定着している。こんな介護施設で生活を送っている利用者は、満足されているのではないでしょうか。

もし、介護施設で働いている方が読んでくださっていて、職場の環境が悪いのであれば、先ずは自分から、周りに手助けや思いやりを。

介護業界を良くしていくには、先ず、自分の周りからです。

一歩一歩、地道な作業となりますが。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)




Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文