YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

多床室とプライバシー

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


今日は介護施設でのプライバシーについてお話させていただきます。

この件についても、第104回社会保障審議会・介護給費分科会の中で議論されていた内容
です。

『入所者の居住環境の改善を図る観点から、これまで、「個室ユニット型施設」の整備を推進し、
新設のものを中心として一定の整備が進んできているが、一方で、一定数の自治体において、
地域の実情に応じて多床室の整備が行われてる実態に鑑み、多床室の居住環境を向上させる
観点からも、プライバシーに配慮した多床室の在り方を検討する必要があるのではないか。』

という内容が論点として挙げられていました。

現在の方針を簡単に言えば、多床室を無くしていくということでしょう。

本当に無くしていいのでしょうかね・・・。

確かにカーテンだけの仕切りでは、プライバシーの問題があるものわかります。
自分の空間が無い中でも生活は辛いこともあります。それが、介助を必要とする方からすると、
尚更でしょう。
でも、そのようなことは気にしないという逆の意見もあるのではないでしょうか。

同会の有識者の皆様からも活発な意見が挙がっていました。
・多床室にはニーズがある
・プライバシー保護の尺度を明確にするべき
 (どこまで守れば、プライバシーの保護になるのかという線引きらしいです)
などなど。

少しでも費用を抑えてでも、多床室に入居したいという方も多いと思います。

ちょっと脱線しますが、私も多床室?のような場所で共同生活をした経験があります。
個室をパーテーションで区切って、と言っても天井まで届いていませんので、同じ空間です。
そこで、数か月仲間と生活しましたが、とても良い経験でした。
確かに、人間同士ですから、合う合わないはありましたが、寝食を共にするというのは、目に見え
ない絆が深まる効果もあると感じました。

ですので、私が年を重ねて入居を考えなければならなくなったら、多床室も良いかなと思います。

原則ユニットケアを推進していき、多床室を無くすのではなく、多床室の在り方と今後も方向性を
固めていきたいというのが、私の意見です。

どうなっていくかな・・・。


今回の分科会の資料は以下からダウンロードできます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000051884.html


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です) 

特養の地域貢献

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


本日は、特養の地域貢献についてお話をします。

7月23日に傍聴してきた、社会保障審議会・介護給費分科会での議題の一つでした。

特別養護老人ホームが地域づくりの拠点として活躍できる環境を整えるため、その運営に関する
ルールの緩和を検討するとのこと。

同員会の論点として示されていましたが、参加有識者からは、特に異論がでていなかったな・・・。

特養が地域包括ケアで主体的になる・・・イメージが湧かない。
私も、介護業界の常識に囚われてしまっているのかもしれないですね。

具体的には、地域密着型サービス事業所の併設や職員の配置に関するルールについて、より良い
効果を生み出せる見直しを協議していくということです。

個人的な意見ですが、現在の人員基準等では、目の前のお客様対応以外のことに人員を割くことは、
結構厳しいと思います。

ハード面、ソフト面の両面からの効率化と、介護・看護職員だけでなく、事務系職員の有効活用や、
ボランティアの皆さんのご協力があれば(半永続的なシステムが必要)何とかなるかもしれません。

今秋にも審議会で具体的な内容が提案されるようなので、楽しみに待ってみたいと思います。


今回の分科会の資料は以下からダウンロードできます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000051884.html


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です) 

起業への道⑨(役員数)

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

今回は、役員の数についてお話をさせていただきます。

取締役会が有るか無いかで役員の数が変わってきます。

先ずは取締役会非設置会社についてです。
取締役会が無いのであれば、取締役は1名いればよいです。
役員の選任は定款で行うことが多く、役員が1名であれば、発起人が役員になるのが
一般的です。
役員が複数いれば代表取締役を決めますし、一人でも、代表取締役と称することが
できます。
役員選任は定款で行うことが多いと記載しましたが、定款以外で行う場合は、取締役の
就任承諾書が必要になります。
そして、監査役の設置は任意となります。

次に、取締役設置会社です。
取締役会が有るのであれば、取締役3名以上、代表取締役、監査役1名以上を選任する
必要があります。

因みに弊社は、取締役会非設置会社で、役員は私一人です。
(不謹慎かもしれませんが、設立するには、これが一番簡単です・・・)


ちょっと話が逸れますが、会社の重要事項は取締役会で決定するのでは?と思われた
方もいるのではないでしょうか。
取締役会非設置会社での重要事項の決定は、株主総会で行います。
弊社は、役員も私一人、株主も私一人。
形式上は、役員の私が株主の私に承認を得るということになります。


会社設立時、何人で設立するか、複数名であれば、誰が代表になるか等、役員の決定は
とても重要な事項です。

しっかりと検討することをお勧めします。


Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文