YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

抱き上げ介護が本当に「あたたかい介護」だろうか

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_19769800_S














●抱き上げ介護が本当に「あたたかい介護」だろうか

スウェーデンやデンマーク等、北欧の福祉先進国と呼ばれる国々の介護方法について、介護業界に勤めるものは研修等で触れることが多くあります。
日本の介護と欧米諸国の介護方法には、大きな違いが1つあります。

それが「移乗介助」です。

欧米での移乗介助は、ほとんどがリフト等の機器を使って行いますが、日本はそのほとんどが「抱き上げ介護」です。
ベッドから車いす、その逆も然り。その他、トイレへの移譲や入浴時もすべて抱きかかえての介護である。

この抱き上げ介護には大きく2つの問題点があります。

先ず、介護者の腰痛問題。
介護の仕事には腰痛がつきものですが、この多くは移乗介護時に起こってしまいます。
中には体の大きな高齢者もいますし、なによりも中腰での介護は、腰に負担がかかってしまいます。

次に、高齢者の身体的負担です。
脇の下に介護者の両手が入ってくることで、皮膚の擦過傷や、酷い時には裂傷に繋がる可能性もあります。

このように、抱き上げ介護には良い点は見つからないのですが、日本の介護からはなくならないのです。
特にベテランの方々は、ずっと抱き上げ介護でしたから、「タイミング」や「声掛け」で問題なくできると考えている人も多いです。
抱き上げでの移乗を上手くできないや移譲で腰が痛い等の意見を口にするものなら、「まだまだ修行が足りない」等のレッテルを貼られます。
介護現場はラーメン屋みたいに(ラーメン屋さんに怒られますね・・・スミマセン)「仕事は見て覚えろ」的な職人気質の職員が多いのも原因と思います。

抱き上げ介護は高齢者にも介護者にも、良いことは何もないという事実を受け止め、日本の介護業界も考えを変えていかなくてはいけないと思います。

そんな中で、オリックスリビング株式会社では、積極的にリフト機器を導入しています。

オリックスリビング株式会社のホームページはこちらから

そんなオリックスリビングの現場職員からは、リフト導入について前向きな声も多く聞こえてきているようです。最初は慣れず、抱き上げての介護より時間がかかることから面倒との声もあったようだが、そんなのは研修で解消できること。利用し続けることで慣れることで解消されること。
介護者は体の負担が減ることで気持ちのゆとりが増え、高齢者とのコミュニケーションも相乗効果で増えているとの話も多く聞きます。
そして、移譲時抱き上げ介護では、高齢者の顔を見ることがほとんどできないが、リフトを使用すれば顔を正面から見据えながら介護でき、これもコミュニケーション増加の一因となっています。

機器を利用することは冷たい介護ではなく、あたたかい介護であるという常識が、早くこの業界に浸透してほしいと切に願っています。


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)




財務省からの医療介護制度改革

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。



●財務省からの医療介護制度改革


10月4日に財政制度分科会が開催されまして、その資料に目を通しましたが、結構厳しい内容ですね・・・。
以下に資料を掲載します。



同資料の介護部分を読んでいただけたらわかると思いますが、個別機能訓練加算をしていない小規模デイは厳しい運営になることが予想されます。
同内容は財務省からの提言ですが、介護報酬の改定論議の前に必ず財務省からの提言があり、その内容と厚生労働省が開催する介護給付費分科会で議論され、落としどころを見つけています。
これ、改定毎、いつものことです。

ですので、同資料の内容そのままにならないとしても、近い内容で時期改定の内容決定となるということです。

小規模デイサービスは、前回の改定から、撤退事業所が増えていますが、時期改定で更にその数を伸ばすことになりそうです。

そして、「要介護1、2」に認定された要介護度が軽い人向けの調理や掃除など生活援助サービスについて、市区町村事業への移行との内容は、先送りするとの検討に入ったと報道されていました。
毎日新聞:生活援助サービス、移行先送り 国、保険対象継続

でも、先送りするだけで、いずれは移行するわけです。

国の財源が無い中、社会保障はどうなっていくのか。
数年前から論議されてきたことですが、具体的な検討時期に入ってきたようです。

次期2018年度の介護報酬改定は、医療報酬とのダブル改定。

厚生労働省の各分科会から目が離せなくなってきました。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

小規模デイサービスに総量規制か

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


●小規模デイサービスに総量規制か

9月23日の介護保険部会で、小規模デイサービスに総量規制をかけることを厚生労働省が提案しました。
法改正が必要なので、2018年度以降の適用となる見込みとのこと。

確かに、デイサービスの数は増えています。
近所にもどんどん出来ていて、肌で感じています。

では実際の数字はどうなのでしょうか。

デイサービスの推移










※引用元:「介護のニュースサイトJOINT」官庁通信社

小規模の数が大幅に増えていることが分かります。
でも、これは必然的な伸びです。以前の介護報酬改定で、目が行き届き手厚い介護が提供できるとの理由で、小規模デイサービスは報酬単価が高めに設定されていました。
運営しやすく、また、初期投資も少なく済むことから、多くの事業者が参入した結果です。
で、今度は、増えすぎたから総量規制というわけです。

同部会では、小規模多機能型居宅介護の普及に合わせての総量規制との話で、過剰な規制にならないようにとの意見も出ているようですが・・・。
その上、報酬単価も下げるのですよね?

この締め付けは、小規模デイ運営事業者には厳しすぎるのでは。

実際に小規模ならではのきめの細かいケアをしている事業所も多い中、同サービスの未来はあるのだろうか・・・。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文