みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


今回は、定款認証について。

定款の作成が終わったら、本店を置こうとする法務局に所属する公証人に定款の認証を受ける必要があります。

私は神奈川県横浜市に本店を置いていますので、横浜地方法務局に所属する公証人に認証してもらいました。

自分の家に近い公証人に認証を受けても、認められませんので注意してください。

では、どこに公証役場があるのか、下記にリンクしていますので、ご確認ください。

場所が分かったからと言って、突然訪問しても、公証人に会うことはできません。事前に連絡し、訪問日時の予約、持参物の確認をしましょう。

私は、訪問日時の予約を取る前に、自分で作成した定款を見てもらい、公証人に添削してもらいました。

私の担当をしてくれた公証人の方はとても真摯に対応してくださり、何度もメールのやり取りをし、添削と確認をしていただきました。

これは、本当に助かった。

持参物も一つでも忘れては認証を受けることができません。
二度手間になってしまうので、忘れずに持っていきましょう。

①定款
  3通必要。(1通は会社保管用、1通は公証役場用、1通は登記申請用)
②現金
  認証手数料5万円。(←これは最低料金です)
  謄本申請で1枚250円。
③発起人の印鑑証明書
  発起人全員分各1通。(有効期限3か月以内のもの)
④収入印紙
  4万円の収入印紙。(電子定款の場合は不必要)
⑤代理人申請の場合は委任状
⑥代理人申請であれば、代理人の印鑑証明書

発起人が複数いらっしゃる場合は、全員で公証役場へ行き認証を受けるのが原則ですので、お間違えの無いよう注意してください。


全国公証役場所在地一覧