みなさま、こんばんは。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_32691757_S













平成30年介護報酬改定【特養の改定案】

今回は特養について。
改定案の内容は以下のとおり。

①医療ニーズへの対応
・配置医師の早朝、夜間、深夜対応の評価
⇒届出が必要(施設と医師の間で具体的な取り決め、複数の配置医師)
⇒看護体制Ⅱの算定
・常勤医師配置加算の要件変更
⇒ユニット型従来型一体の場合は1名でも双方で算定可能に
・配置医師による対応方針の作成を義務付け
・夜勤職員配置加算を拡充
⇒看護職員又は認定特定行為業務従事者の配置
・見取りの評価
⇒配置医師の体制を整備し、施設で看取った場合を手厚く

②自立支援、重度化予防の推進
・外部のリハ職との連携した場合でも個別機能訓練加算算定可能に

③ユニット型準個室の名称変更
・ユニット型居室に

④外泊時の在宅サービス利用
・特養職員が行った場合の評価新設(外泊時の報酬と併給不可)

⑤障害者生活支援体制強化加算
・小規模施設も対象に
⇒「15人以上」に、「定員の30%以上」を追加

⑥身体拘束見実施減算の見直し
・要件の強化
⇒対策を検討する委員会を3か月に1回以上、指針作成、定期的な職員研修

⑦小規模型、旧措置型報酬の見直し
・通常の基本報酬に統合、引き下げ


看取り強化がメインの様ですね。
厚労省の調査によると、平成28年4月から9月の1施設当たりの平均退所者は7.2人。4割が施設内での死亡で、入院後の死亡が29%。入院施設不足を見越し、施設での看取りを増やしていきたいとのこと。

上記④の外泊時の在宅サービス利用は可能なのだろうか。というか、そもそも、現場にそんな余裕はあるのだろうか。現場シフトを組むだけで厳しい状況でしょうから、外泊者の家に訪問させるのは・・・。

医療的ケアに強くし、看取り件数を増やしていくことが、特養の生き残り策ですね。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)