YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

介護業界をより良くするために

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

人手が足りないは言い訳

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_23705112_S














・人手が足りないは言い訳

介護現場は本当に忙しいです。
離職率も相変わらず高く、求人を出しても来ないと嘆いている事業所も少なくありません。

そんな忙しい介護現場。
人手不足はどこも一緒。
でも、介護の質は現場それぞれ。
高いところもあれば、低いところもある。
その差は何なのかと言えば、そこで働く職員個々の質。

質の高い現場では、忙しいながらも、ホスピタリティをもって利用者に接しています。
質の低い現場では、忙しいを理由に、細かいところに気配りができていません。

分かりやすい例として、施設介護での利用者の居室の整備をあげます。
利用者の個室は、その方の家(部屋)であり、生活の基盤です。
皆さんも自分の家の事を考えてみてください。
気持ちよく生活するために、掃除もすれば洗濯もする。部屋の模様替えもすれば、クローゼットの中の整理もする。
施設で生活する利用者も同じです。ご自分で出来なくなった方には、我々介護職がお手伝いしてあげなくてはなりません。
質の高い現場は、利用者お一人お一人の居室がしっかり整理できています。
逆に質の低い現場は、散々たるものです。
布団を畳む、枕に付いた頭の形を整える、布団に付いた髪の毛を取り払う、クローゼットの中を整理する、テーブルや棚の上の埃を取る、などなど。
その都度、気づいたときにすれば、一回に掛かる時間は数分(いや数十秒かもしれません)で済みます。
利用者をベッドから起こす手伝いの際に布団を畳んだりするのは数秒で済みますよね。
洗濯物をクローゼットにしまう時、ちょっと整理するのは数秒で済みますよね。
上記のように、居室の中に行くことは1日数回あるので、その際ちょっと掃除すれば済みますよね。

これをするかしないか。

していない、出来ていないところは、だいたい「人手不足だから」「時間が無い」という言い訳をします。
そのような言い訳をする人は、人手が多くてもしません。
これは言い切れます。

環境整備は介護の基本。
これは、人手がどうこうという理由で出来ないものではありません。
そして、環境整備が出来ていないところは、介護(介助)の質も低いです。

介護の仕事に就いている方で、もし自分の職場にそのような方がいるのであれば、改善に努めてほしいと思います。


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

高齢者虐待防止は夢物語なのだろうか

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_31811056_S













・高齢者虐待防止は夢物語なのだろうか


高齢者虐待数が増加傾向にあるというデータがあります。

厚生労働省:平成25年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果はこちら

高齢者虐待防止に対する高まったことから通報件数や認知件数が増えたことにも繋がっているのでしょう。
が、実際に介護現場では虐待が横行しているのでは。

実際に暴力を振るうような虐待は無いにしろ、その手前の行為は多いような気がします。
特に言葉での心理的虐待。

例として、下肢筋力の低下により歩けない認知症高齢者がいるとします。その方は自分が歩けないという認識が無いため、ご自分で歩かれようとします。
その際、「座っててください!」「なんで歩くの!」「何度も言わせないで!」というような声かけをする事は、心理的虐待なのではないでしょうか。

例として、何度もトイレに行きたいと言う認知症高齢者がいるとします。その方は、ついさっきしたことも覚えていません。
その際、「さっきも行ったでしょ!」「何回行けば済むの!」「〇〇さんだけの手伝いしてられないの!」というような声かけをする事は、心理的虐待なのではないでしょうか。

例を挙げればキリがないですが、このような声掛けをする方々は、その場の事象のみ捉えています。

行動には理由がついてきますよね。
それは認知症高齢者ももちろん一緒です。

歩き出すのは、どこかに行きたいのかな。
いつもこの時間帯に歩こうとされるな。
トイレに頻回に行きたくなるのは、時間を持て余しているのではないかな。
等々。
行動に移すには理由があり、その理由を解消してあげれば抑制することをしなくて済むもしれませんよね。
また、下肢筋力の維持向上のために、介護職による生活の中でのリハビリや専門職によるリハビリをすることも大きな影響があります。

抑制の前にする事は沢山。そこに気づき考え行動するかどうか。

介護現場で働く方は、日々の業務の追われるのでは無く、考え行動することが必要。
介護職一人一人が、利用者に対し愛を持って接することが必要。
新人さんにもそのような教育をし、介護現場の底上げを目指していきたい。

その先に、介護現場での虐待ゼロが達成できる日が来ますね。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)









新卒を大事に

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_26891019_S














・新卒を大事に
新年度になり、各事業所でも新卒者の受け入れが始まっている事と思います。
介護業界だけではなく、新規入職者の定着が難しくなっている現状がある中、離職率を下げるにはどうすればよいのでしょうか。

①介護業界の離職理由
介護業界は低賃金でキツイ仕事・・・。
だから辞める人が多い。
というのは間違いというか、偏った考えです。
確かに肉体的・精神的に楽な仕事とは言えないので、厳しい業務内容を理由に退職する人が多くいます。
しかし、それは理由の多くを占めているわけではありません。
「人間関係」や「会社・事業所の理念が合わなかった」との理由の方が多くを占めているのです。
介護をしたくて、人のためになる仕事がしたくて。
と、皆最初は高い志を持って就業するのですが、働くうちに、自分の気持ちと事業所との雰囲気がマッチングしていないと判断し、離れて行ってしまうのです。

②各事業所はしっかりとした「理念」を掲げているのに浸透しない
上記①のとおり、事業所の理念と合わないという理由で辞める人が多い反面、各事業所はしっかりとした企業理念を掲げています。
最近はホームページを設置していない事業所の方が少ない中、様々な事業所のホームページを拝見しますと、素晴らしい理念が掲げられています。
その理念と合わない・理解できないと言って辞めていく人たちは、その「理念」に本当に触れているのでしょうか。
既存の職員の中には、その「理念」を知らない・理解していないという人が多いのが原因なのではと思います。
新人を育てるには管理職がすることと思っている人が多いことも原因なのではと思います。
新人育成は管理職だけの仕事ではありません。教育担当者だけの仕事ではありません。
1日でも早く入った「先輩」全員の仕事なのです。
職員全員が企業・事業所の理念を理解し、その方向性を間違えることなく新人に伝えていくことが出来れば、新人職員の気持ちと企業・事業所の「理念」がマッチングしないということは起こらなくなるので。

③新卒は初めての就業で不安だらけ
誰しも新卒の時期があったはず。歳を重ねる毎、その感覚は忘れがちです。
社会人1年目というのは不安だらけですよね。
不安を解消してあげるため、温かく見守ってあげましょう。
介護の仕事は察することが重要です。
新人育成にも「察する」力を発揮しましよう。

④新人の目標となる人物になろう
事業所に定着し素晴らしい成長を見せる職員には、様々な要因があると思います。
もちろん、その職員個人の能力もありますが、その多くは「目標となる人物」がいるということです。
私も若い頃を思い返すと、「あの先輩みたいに仕事できるようになりたい」と思ったことがあったなあと。
目標の人物ができれば、その人の仕事を盗もうと努力をしたり、認めてもらおうと自己研鑽に励んだり。成長過程では重要なことです。
皆さんもそうだったのではないでしょうか。
そんな新人に目標としてもらえる人物になっていますか?

⑤最後に
好きな仕事、業界、事業所を盛り立てていくには、後進を育てていかなくてはいけません。
特に新卒入社の皆さんはダイヤの原石です。
どのように育て、どのような人材にするか。
その原石のポテンシャルだけに任せるのではなく、皆でダイヤ磨きに勤しみましょう。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)
















誰のための介護か

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_23422164_S














・誰のための介護か

具体的な題名では無いので、ちょっと内容が分からないかもしれません。

誰のための介護か。
誰に向いて仕事をしているのか。
介護職として感覚が麻痺してしまっているのではないか。

施設系の介護現場で働いていると、このような疑問が湧いてくる言動を見聞きすることが多々あります。
例を挙げさせていただくので、読んでいただいた方と一緒に考えることができたらなあと思っています。

①他の職員に怒られるからちゃんと仕事する
「今日は○○さんがと一緒に仕事だから、きれいにしなきゃ」と言いながら、利用者の排泄介助や更衣介助をする。結果的に利用者に対しきちんと介助をするのだから良いのかもしれないけど・・・。その利用者の意思は、気持ちはどこにあるのでしょうか。目の前の人に対し、その人が気持ちよく生活するために、それだけを考えて介護をすれば良いだけなのに、他の職員に怒られないように注意されないように介護をするというのは、本質から外れているとしか思えません。

②家族が面会にくるから整容をする
面会に来るご家族の中には、面会前に電話連絡をしてくれる方が多い。施設の行事や自分の家族のスケジュールに合わせて面会に来ることがその理由だけど、介護施設側は違う。「○○さんのご家族がくると電話が来ました」と連絡を受けてから、その利用者のお部屋を整理したり、服を整えたり髭を剃ったり・・・。誰のために介護を行っているのか。施設は生活の場なので家と同じ感覚になっていただけることは嬉しいことですが、介護職員側の勝手な判断があってはいけないと思います。利用者の個室内はプライベートな空間ですが、個室を一歩出て共用部にでれば、そこはプライベートな空間ではなく、パブリックスペースです。自分たちもそうですが、家から出かける時はしっかりと身だしなみを整えますよね。利用者も同じ。朝起きてパブリックスペースに出る際は、しっかりと整容するべきで、自分で出来ない方には介護職員がしっかりとお手伝いするべきなのです。普段は髭も伸ばしっぱなしなのに、家族が面会に来るから急いで整容をする。本末転倒。誰に向いて仕事をしているのでしょうか。

特に②に書かせていただいたことは、多く見聞きします。そして、それが悪いことと感じている人が少ないのです。認知症をお持ちでご自分の意思を伝えられない方々に対し、人としてしっかりと向き合っているのか疑問です。
昨今、介護現場で問題になっている虐待。
その虐待の一歩手前の「不適切ケア」。上記に書かせていただいた内容も十分「不適切ケア」に該当すると思います。

介護現場で働いていない人は「そんなことあるのか」と驚く方もいるかもしれません。
私が見てきた関係してきた施設では、程度の差こそあれ、必ずあったかなあと。

誰のために仕事をしているのか、誰に向いて仕事をしているのか。

普段の自分の仕事、自分の働く他の職員の仕事を振り返り、身に覚えがあったら、意識改革から始めていただけたらと、切に願います。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)
















タ職種連携が出来ている介護施設は居心地が良い

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_13149764_S













●タ職種連携が出来ている介護施設は居心地が良い

介護業界は離職率が高いです。
退職理由は賃金や会社の経営方針等への不満以外に、職場の環境も大きなパーセンテージを占めています。
離職を少しでも防ぐため職場環境を良くするためだけでなく、仕事の効率化や利用者満足度の向上に繋がる策があります。
それは、多職種連携です。

介護サービスを提供する上で、多職種連携はつきものです。
利用者お一人お一人のカンファレンスには介護職・ケアマネージャー・看護職・PT・OTなどなど、様々な職種が参加し、利用者への介護内容を検討していきます。

私がここでお話するタ職種連携とは、このようなことではなく、職種の枠を取っ払って、皆で仕事をこなしていく連携のことです。

介護現場には、介護職・ケアマネージャー・看護職・PT・OT・福祉車両のドライバー・営繕職・清掃担当職員・事務員・管理職と、様々な職種が働いています。

資格が無ければできない仕事も多々あるので、すべての業務をシェアできるわけではありません。

利用者への身体介助は介護職に限らず看護職も手伝うとか、清掃は清掃担当の職員だけではなく、気づいたものがするとか、施設の修繕担当をする営繕職員の業務も、出来る者は他の職種が行っても良いですね。
介護施設は、利用者への直接サービスと同量ほどの間接業務がありますので、その部分は皆で助け合うことが必要ではないかなあと感じます。
特に管理職は、現場経験がある方がほぼ多数だと思いますので、事務仕事や営業だけでなく、現場の手伝いもしてよいですよね。
実際私が介護施設のホーム長をしていたころは、現場にでると嫌がられ、実際のところあまり手伝っていなかったので、偉そうなことは言えませんが・・・。

私が今まで働いた施設、出入りした施設で、「ここの施設は空気が重いな」と感じる施設は、上段に示した職員間の連携が出来ていないことがほとんどでした。

そんな空気の悪い施設の職員さんたち。
介護職員は「忙しいんだから事務所にいる人達や看護師たちも手伝ってくれればよいのに」と愚痴を言い。
看護職員は「看護職は現場を手伝う時間は無い。報告だけくれれば良い」と、古い習慣で介護職は看護補助的と割り切っている人がいて。
事務所にいる人達は、「私たちも忙しいんだから手伝えない」と事務所から出ることがほとんどなく。

このように、お互いがお互いをけん制してしまっているのです。

ここまでくると、助け合いの精神というものは全くなくなります。
職種間が上手くいかず、同職種同士では、他職種の悪口を言う。
ただでさえ忙しく大変な仕事ですので、このような職場環境になると、働き続けたいと感じなくなってきますよね。

逆に皆が自身の仕事をしっかりとこなしながら他の仕事も手伝う環境が出来ていると、職場の雰囲気が明るくなるのです。
誰でも助けられると悪い気持ちはしません。この前手伝ってもらったから、今度はお返しをという環境が出来てきます。
職種の壁がなくなると、職員同士の助け合いと思いやりが自然と出てきます。

このような環境の職場では、カンファレンス等の会議でも、活発な良い意見が交わされる傾向にあります。

良いサービスが提供され、施設の雰囲気も明るく、職員も定着している。こんな介護施設で生活を送っている利用者は、満足されているのではないでしょうか。

もし、介護施設で働いている方が読んでくださっていて、職場の環境が悪いのであれば、先ずは自分から、周りに手助けや思いやりを。

介護業界を良くしていくには、先ず、自分の周りからです。

一歩一歩、地道な作業となりますが。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)




Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文