YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

介護

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

改めて認知症ケアを考えてみた

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_2808497_S















●改めて認知症ケアを考えてみた

介護現場で働いていて認知症ケアは切っても切り離せないものです。
一つに認知症ケアと言っても、医療面からのアプローチと介護面からのアプローチでは大きく違います。
ここでは、介護面からのアプローチについて話します。

①介護が目指す認知症ケア
介護が目指す認知症ケアは治すことが目標ではありません。
中核症状と言われている記憶障害や見当識障害治すことは困難です。
BPSDをなくすのは難しいかもしれませんが、限りなくゼロに近づけて、利用者が落ち着いた生活を過ごしてもらうことが出来るよう、アプローチすることです。

②BPSDとは
介護職には当たり前の言葉となったBPSD。周辺症状とも言います。
昔は問題行動なんて言っていた時期もありましたね。
このBPSD、代表的なものは暴力行為や徘徊等が挙げられます。
このBPSDには利用者個々に理由が必ずあります。
その理由を見つけだし、BPSDをなくしていくようアプローチすることが必要です。

③BPSDにも個人差が
前記②でも書きましたが、個人個人BPSDが出る理由は違います。
認知症を医学的に分類すると、アルツハイマー型・脳血管性・レビー小体型・ピック病等々、複数に分類されています。
医学的な分類に合わせ、介護的な観点から、「何故このようなBPSDがでるのか」を利用者個々で検討していく必要があります。

④認知症を発症した方々は自分の世界を作り出す
認知症を発症し中程度の進行が認められる方々は、自分の世界を作り出すことが多いです。
一番自分らしい時代に戻っている。
理想の自分になっている。
などなど。
この自分の世界はBPSDをなくすためにはとても重要です。
介護する側が、その方の世界を理解せずに、現在の世界の中でケアをしても、ケアを受ける利用者は理解できず、余計に穏やかな生活が送れなくなります。

⑤介護現場で陥りやすい問題
介護職は認知症ケアについて必ずと言っていいほど勉強をします。
資格取得の際には確実にカリキュラムに入っていますし、働き始めてから事業所での研修もあります。
認知症とは、中核症状とは、BPSDとは、認知症ケアは利用者に寄り添うことから、などなど。
確実に学んでいるのに、それをあまり活かしきれない介護職が多いように感じます。
基本は基本として、認知症ケアに重要なのは応用です。
例えば徘徊。
ずっと歩いている理由には何かあるはずなのです。
その理由を考える際にとても重要なのが、その利用者の生活歴にあります。
その方が歩き続ける理由。どこかに行きたいのか、何かをしたいのか。個々人によって違いはあり、個々に合わせたケアが必要になってきます。
介護現場で認知症ケアに注力をしていないところでは、徘徊をする理由が乏しかったりします。
トイレに行きたいのではないか、夕方になると落ち着きがなくなる人は多いから、などで済ましてしまい、その徘徊という行動を抑制することだけに頭がいってしまうのです。これでは、BPSDをなくす介護ではなく、BPSDを抑える介護ですね。
認知症ケアというものを知っていても、応用を効かせ個別ケアを提供できずにいる介護現場が多いと思います。
この問題、理解度が低いだけでなく、人員不足からも考えられます。
施設介護では個別ケアをしたくても、その利用者個人に職員一人付きっきりできない現実があり、日々、大事なことが薄れていくことも正直なところです。

⑥最後に
認知症ケアに重要な事。
その人の世界の住人になること。
我々介護職は、演技力が必須だと思います。
その方の行動を抑制するのではなく、その方の世界を理解し共存することが、BPSDを減らすことに繋がり、利用者が穏やかに過ごすことができます。
その様な利用者が増えると、施設介護現場全体が穏やかになり、介護職も働きやすい現場になります。
認知症ケアの充実は、利用者のためだけでなく、介護者のためでもあるのですね。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)



お客様の立場で物事を考えることができているか

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_19522839_S














お客様の立場で物事を考えることができているか

介護業界に限らず、一つの業界にどっぷりつかると、その業界の常識に固執し、一般的な「常識」から離れてしまう傾向にあります。

介護現場は忙しい。

忙しいと、目線が「お客様」から「従業者側」になりがちです。

従業者側の目線で、介護という仕事を考えると、ケアの向上は勿論、「認知症」そのものの理解も深めることができないのではないでしょうか。

例えば、

認知症をお持ちの高齢者の中で、女性に多く見られると感じますが、ティッシュ等の紙類を必要以上に集める方がいます。
その方に、「そんなに沢山持っていてもしょうがない」や「他の人も使うものだから、そんなに持っていかないでくださいね」等の声かけでよいのでしょうか。
紙を持っていることで「安心」している方への対応としては間違っていますよね。

ナースコールを頻繁に押す人に対して、「さっきも伺いましたよ」や「もう用事は済ませましたよね」等の声かけでよいのでしょうか。
ナースコールを押し、仰った要件の裏に、本当の「不安」が隠れていると思います。

頻繁にトイレに行く方に対し、「さっきも行きましたよ」等の声かけでよいのでしょうか。
頻繁にトイレに行くという行動の裏に、トイレ以外の本当の「要望」があるのではないでしょうか。
そして、頻繁に行き排尿があるのであれば、医学的な問題はないのでしょうか。

転倒リスクの高い方で、夜間トイレに行くことが多い方に、「オムツをしているからトイレに行かなくて大丈夫ですよ」等の声かけでよいのでしょうか。
これは、人権的にも論外とは思います。

等々、挙げればキリがありません。

目線が「お客様」から「従業者側」になってしまうと、上記のような声かけが増えてきます。

確かに現場は忙しく、人材不足です。

介護職員不足が最重要課題ですが、介護職員個々のスキルアップもとても重要。

お客様の中には、「寂しさ」からくる言動も多くあると思います。

寄り添う介護ができる職員が増えてくれることを願います。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)



自宅で看取ることの難しさ

みなさま、こんばんは。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_15830514_S














自宅で看取る

自宅で死を迎えることを望む方は多くいらっしゃいます。
現行制度での課題等を含め、自宅で看取ることの難しさを書かせていただきます。


1.介護予防・日常生活支援総合事業

平成27年4月より、介護認定にて要支援者と認定された高齢者は、介護保険から各自治体でのサービスに段階的に移行されています。
これを介護予防・日常生活支援総合事業といいます。

厚生労働省の介護予防・日常生活支援総合事業のページはこちらから

住み慣れた地域で最後まで。
人生の終末期を自宅で過ごし、最後を迎えることの出来る地域づくりを目標としています。


2.自宅での終末期介護事例

弊社のお客様で、自宅で終末期を迎えた方がいらっしゃいました。
最後はショートステイ先にてご逝去されましたが、そこに至るまでは、ご家族の多大なる努力がありました。

その方は、90代女性、要介護4(最後は要介護5だったと思います)。
週2回のデイサービス、週1泊~2泊のショートステイ、月2回の訪問診療を受けながら、ご自宅にて娘さんと生活されていました。

ご自宅内は、手すり等に掴まり独歩可能でしたが、たまに転倒されることもあり、また、食事の準備等はご自分で出来無いので、自宅にてお一人にすることができない状態。
娘さんはお仕事をされており、デイサービスやショートステイ利用時に仕事をこなし、その他の時間は、母親と一緒に過ごすという毎日。

娘さんの介護軽減と、デイサービスやショートステイを利用出来ない時のお仕事中の介護を、弊社にてお手伝いさせていただいておりました。

今年の夏に体力が著しく低下し、月の半分はショートステイで生活されることになり、ご自宅での生活はベッド上での寝たきり生活となる。
月10日程度のショートステイと週2回の訪問介護(清拭1時間)、週1回の訪問看護を利用するだけで、介護保険を全て利用してしまい、その他の時間は、娘さん一人で食事介助・排泄介助・見守りをされていました。

介護保険サービスと弊社のような介護保険外サービスを利用しても、その他の時間は娘さん一人。
脱水症状のあった際は、娘さんは寝ずの番だったようです。

弊社のような介護保険外サービスを利用されていたからこそ、少しは娘さんの介護量は軽減されていたと思いますが、そうでなければ、相当な肉体的精神的疲労であっただろうなと推測されます。

でも、これが現状なのでしょう。

自宅での長期的な終末期介護を無理なく行うには、介護者は最低3人は必要ではないかなあと感じます。

頭から親の介護を忘れる時間と、体の休息は介護者にとって重要なものであります。

この娘さんは、仕事と介護を両立し、しっかりと母親を看取られました。
しかし、その肉体的精神的疲労というものは、他人には計り知れないものであります。


3.自宅で看取ることが難しい理由

上記の事例からも、介護保険にて受けることの出来るサービスは限られています。
また、夜間巡回型の訪問介護看護の事業所の設立が進んでいないこともあり、夜間の介護の担い手は、家族に委ねられている現状があります。

介護疲れから殺してしまうという痛ましい事件が報道されることがあります。
原因は介護負担がお一人に多くかかっていたことと寝不足であるという結果がこの前ニュースになっていましたね。

介護殺人 加害半数「不眠」 毎日新聞調査

よって、家族でどれだけ介護を分担できるかが重要と思います。
が、他親族に頼ることの出来無い方もいるのも現実。

介護保険外サービスは、介護保険ではできないことや足らないことを提供します。
どちらかといえば、独居高齢者の家事支援や、軽度介護、そして、介護者支援というイメージが強いかと思います。

私は、そうではないと考えます。
自宅での「看取り」のような重介護、そして看取り期の介護者支援こそ、介護保険外サービスの役割ではないでしょうか。

私は、上記事例の経験から、そう強く感じています。


4.看取り介護における、入所施設の重要性

私は、現在の介護保険外サービスの会社を設立する前、介護付き有料老人ホームに勤めていました。
施設でも多くの方をお看取りさせていただきましたが、利用者ご本人もご家族も、安心して安らかな最後を迎えてくれていたと感じています。

やはり、看取り介護となると、施設の方が安心できます。

今年の介護報酬改定で、特養は看取り加算が充実されました。

平成27年介護報酬改定(特別養護老人ホーム)

ということは、国は、特養に看取り介護の充実を求めているということ。

みずほ情報総研の「多死社会における看取りの選択肢」という記事内にも書かれていますが、看取り実績の無い施設も多くあるという現実があります。

多死社会における看取りの選択肢の記事はこちらから

私は、看取り介護は日々の介護の延長線上にあると思います。
入所施設での看取り介護を求められている今、看取り介護の実績の無い施設は、一歩踏み出してほしいと感じます。


5.まとめ

自宅で看取るということ。

とにかく、夜間巡回型訪問介護看護事業所の充実。
そして、自社サービスの宣伝ではありませんが、介護保険外サービスが看取り期等の重介護期にも多く利用されること。

少しでも、介護者(家族)の負担を軽減してきたいですね。


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

〜 声掛け ~ 介護職として必要なこと③

みなさま、こんばんは。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


〜 声掛け ~ 介護職として必要なこと③


介護とは、介護サービス利用者だけでなく、そのご家族も含め、ケアしていく必要があると私は思います。
そして、ご家族とお話をさせていただく機会も多くあります。

私は仕事上、介護現場に出入りすることがありますが、その際、少々残念な話が聞こえてきました。

多分相談員さんなのだと思いますけど、その方が利用者のご家族と思われる方に、
「○○さん、最近私たちの指示が入らなくて・・・」
とお話をしていました。

皆さん、どう感じますか?

私は、違和感しかありません。
というか、聞こえてきたときは、ぞっとしました。

その相談員さんは、多分、悪気はないでしょう。
それだけ、職業にどっぷりなのかもしれません。

でも、受けての気持ちを少しでも汲み取る姿勢は必要だと思います。

あくまでも、介護施設は生活の場であり、そこでの主は入居者なのです。
我々は、その入居者の自立支援をするわけです。
その入居者に対して、「指示」という言葉というか感覚というか、やはり違和感しかないですね。

でも、これが介護現場の現実なのかもしれません。
医療色が強いのかもしれません。

最近は聞かなくなったなと思っていましたが、まだあるのですね。

聞いたご家族も確実に違和感はあったと思いますよ。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

介護と虐待

みなさま、こんばんは。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_17430269_S

















介護と虐待

先月、多く報道されていた介護現場で発生してしまった虐待。
最近では、ニュースであまり見なくなりましたね。

高齢者虐待とはどこからどこまでの範囲をいうのか、先ずは、虐待の種類から整理してみましょう。


①高齢者虐待の種類

・身体的虐待
暴力的行為によって身体に傷やアザ、痛みを与える行為や外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為。

・心理的虐待

脅しや侮辱などの言葉や態度、無視、嫌がらせ等によって精神的に苦痛を与えること。

・性的虐待

本人が同意していない、性的な行為やその強要

・経済的虐待
本人の合意なしに財産や金銭を使用し、本人が希望する金銭の使用を理由なく制限すること。

・介護の世話の放棄・放任(ネグレクト)

必要な介護サービスの利用を妨げる、世話をしない等により、高齢者の生活環境や身体的・精神的状態を悪化させること。

高齢者虐待といっても、様々な種類があります。


②虐待の発生要因

「介護現場は大変で人手不足だから、虐待は発生してしまう」という趣旨の報道を見受けます。
確かに介護現場は厳しい状況が続いていますし、今後も改善の見通しが経たない現状があります。

介護現場の厳しい状況については、前回のブログ「介護現場が大変な理由」でも書かせていただいています。

ただ、介護現場が大変だから虐待が発生してしまうという理由付けは、はなはだ疑問です。
大変な環境が虐待をしてしまう職員を造るのではなく、虐待をしてしまった職員の資質の問題と思います。
ここを間違えると、論点がずれてしまうと考えます。

介護現場の環境が虐待を生み出しているのではありません。

やってしまった職員が、ただ犯罪者であったということです。

しかし、環境要因が全くないとはいいません。
その犯罪者の犯罪行為を見て見ぬふりをしたもの、注意する環境を現場管理者が造らなかったことも発生原因であると思います。


③虐待という言葉

個人的な考えですが、虐待という言葉にすると、少しニュアンスが柔らかくなってしまうような気がします。
虐待行為は犯罪行為です。
恐喝罪・暴行罪・傷害罪。
あと、保護責任者遺棄も該当するのかな。
介護従事者として、故意に怪我を負わさなかったとしても、業務上過失傷害等は該当するはず。

恐喝・暴行・傷害は親告罪ですので、被害者からの訴えを必要としますが、れっきとした犯罪です。

介護の世界では、虐待をしない・させない・見逃さないと注意喚起をしていますが、そんなの当たり前。

介護職員は虐待をしない、そして、現場管理者は、職員が虐待をすることのないよう指導、行政は介護現場のチェックと指導を徹底していただきたい。

「また介護現場で虐待」なんて報道は、もう見たくない。




Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文