YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

人材確保

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

介護人材確保対策③ ~労働環境について~

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


腰痛










介護人材確保対策③ ~労働環境について~

介護人材確保対策① ~賃金について~
介護人材確保対策② ~仕事のやりがいについて~
に続きまして、最後は労働環境について書かせていただきます。



1.意外と腰痛予防対策は人材確保に繋がる

介護の仕事に腰痛はつきもの。
この業界、腰痛予防対策は必須と言われ続けていますが、確実に予防することは難しいようです。
ベッドの上げ下げや入浴設備の整備等ハード面での予防と、ボディメカニクスの活用等ソフト面での対策。
いくら気をつけても、腰痛になってしまう時はあります。
そして、介護職員の離職理由の中で、腰痛は常に高い順位になっています。

では、腰痛予防策で効果のあるものはなんなのでしょうか。

実は、腰痛予防体操を業務前に実施することが意外と効果があるのです。

以下に、厚生労働省が平成25年6月に改定した腰痛予防指針のパンフレットを添付します。



労災申請件数の中で、腰痛の申請が増えてきたことから、労働基準監督署においても腰痛予防は大きく取り上げられています。

優秀な人材を手放さないためにも、腰痛予防は必須と考えます。


2.時間外勤務の是正

一昔前まで、介護現場では超過勤務が当たり前というような風潮がありました。
施設介護となると、24時間365日入居されているお客様のお手伝いをします。
そして、介護の仕事には直接的にお手伝いをすることだけでなく、間接的な業務や記録類の整備等、仕事内容は幅広くあります。
こういった間接業務や事務仕事は、否応なくシフト時間外での対応となることが多くあったのです。

ここ数年は、時間外勤務への意識が高まってきている事業所も増えてきて、シフト時間内で事務仕事等もこなすことが出来ている様子も感じます。

介護の仕事は肉体的精神的疲労があり、そこに時間外勤務が多くのしかかってきた場合、疲労はピークを超え、上記1に記載した「腰痛」を誘発してしまうことがあります。

仕事とプライベートをしっかりと分け、ワークライフバランスが構築できている事業所は、離職率も下がり、新規入職者も増えることでしょう。


3.やっぱり夜勤が辛い

介護施設には夜勤がつきもの。
これが中々厳しいのです。
現在、多くの施設が夜勤は2日分の勤務時間を設定しています。
2日分ということは16時間ですね。これに休憩時間を足すので、17時間から18時間が拘束時間となります。
お客様の寝る準備、夜間の巡視・排泄介助・体位交換、起床のお手伝い等々。あっという間に拘束時間が過ぎます。
この夜勤が厳しいので、施設介護はできないと判断する介護職員も多くいるのです。
介護業界で安定的な収入を得るには施設が一番、でも、夜勤ができないからデイサービスや訪問介護で働こうと思っても収入が少なく、業界から去っていく人も少なくないのです。

このような流れから、ここ数年、夜勤を前半後半と8時間ごとに分けてシフトを作成している事業所も増えてきています。
このようなシフトを作成する中での課題は、深夜に帰宅・出勤できる近隣住民での採用を進めないといけないということです。


4.まとめ

3回に分けて私の考える介護人材確保対策を書いてきました。
賃金を上げるだけが、介護職がやりがいを感じることができる環境を作るだけが、労働環境を整備することだけが、各々が出来ても人材確保はできません。
全てがリンクし初めて、優秀な人材も集まり、離職率を低下させることができるのです。

人が集まらず困っている事業所の皆様は、採用活動をする前に、事業所内の様々な整備を進めることが、遠回りのように見えて一番近道の人材確保策になるかもしれませんよ。



(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

介護人材確保対策② ~仕事のやりがいについて~

みなさま、こんばんは。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_10664540_S













介護人材確保対策② ~仕事のやりがいについて~ 

賃金の次は「仕事のやりがい」についてお話をさせていただきます。


1.仕事が早い人が「出来る人」と評価される                      

介護現場はどうしても時間に追われてしまいます。
施設介護であれば、お客様の介護をする他に雑多な業務をこなしていかなければなりません。
デイサービスであれば、お客様が集まった後、限られた時間の中で入浴や食事を終わらせなければなりません。
訪問介護であれば、訪問時間の限られた中、ケアプランで決められたサービスをこなさなければなりません。

ですので、仕事の早さが求められることになります。

私も仕事の早さはとても重要と思いますし、老人ホームの管理者をしていた頃や現在も、仕事の早さは評価基準になっています。
ただ、早ければ良いというものでもありません。
早さを求めるが故に、少々雑になっているではどうしようもない。

早く仕事を終えた先の行動が一番重要です。
間接業務等を丁寧にテキパキこなし、余らせた時間で、ゆっくりお客様のケアをする。
そして時間に余裕があると、ナースコール等、お客様の要望時にしっかりと対応できるのです。
ここで時間に余裕がないと、忙しそうな姿をお客様に見せてしまい、いらない気遣いをさせてしまうだけでなく、不快な気持ちにさせることもあります。

この一番大事な、早く仕事を終えた先の行動はあまり評価されず「とにかく仕事の早い人」が評価され、新人さんが驚くことも多くあるのではないでしょうか。
そして、せかせかしている中、しっかりと仕事も教わることができずに、新人さんが早期退職に繋がることもあるでしょう。

退職者が多いなと悩んでいる事業所は、職員の評価基準を今一度見直してみましょう。

2.介護は「クリエイティブ」な仕事

介護の仕事はどんな仕事と質問されると、
お食事のお手伝い
お風呂のお手伝い
トイレのお手伝い
等々・・・
具体的な身体介助やお部屋の掃除等、所謂、お手伝いする内容を回答する方が多いのではないでしょうか。

介護の仕事は本当はクリエイティブな仕事なのです。

介護の目的は自立支援です。
お客様の残存機能を踏まえ、お客様やそのご家族の要望にどのように沿っていけるか。
入浴・排泄・食事等の直接的な身体介助は、その要望に沿えるようにするお手伝いの一部であり、介護の仕事はそれだけではないのです。

例えば、飲み込む力が落ちてきてきた方が、「美味しいものを食べたい」との要望があり、ご家族も同意されていたら、介護職はどのようなアプローチをするか。
普通の食事を食べることができるような訓練
外食するのであれば、長時間座っていられるような筋力維持を目的としたリハビリ
をし、繰り返し評価していく。

このように、お客様の要望はお一人お一人違い、その他にご家族様の要望もあります。
正に十人十色です。
様々なニーズを受け、できることを考え、プランを提供し、繰り返しの評価をしていく。

介護って、とてもクリエイティブ力が必要な仕事と思いませんか?


3.クリエイティブ力を育成する研修やその評価基準を設ける

様々な介護現場に入らせていただき、その現場ごとの研修内容を見ると、介助方法、高齢者虐待防止策、認知症ケア、感染症対策等々、具体的なケア方法や法令に関する研修が多いです。
私は、ケースに合わせたクリエイティブ力を育成する研修がもっと必要と考えます。
上記2.で書かせていただいたとおり、お客様の要望に応えるには、考える力・創造する力が必要です。

ケース設定をし、皆で考え意見する場を増やすことで、各介護現場で行われているケアカンファも有意義な時間になるでしょうし、ただ仕事をこなす介護職員ではなく、本当の介護職を育成することができるのではないでしょうか。


4.まとめ

介護人材を確保する。
就業希望者は勿論賃金も就業者先選択基準の多くを占めますが、仕事のやりがいや成長できる職場も選択基準となっています。
人材難で悩んでいる事業所は、クリエイティブ力を育成する研修制度の確立と第3者が見てもしっかりとした評価基準をもうけ、仕事のやりがいを感じる職場を造ることができれば、人材難解消の一歩となれるでしょう。


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

介護職員の賃上げ1.2万円超

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_18456423_S














介護職員の賃上げ1.2万円超

3月30日に開催された社会保障審議会介護給付費分科会にて、介護職員の処遇の動向を把握するために実施した調査の結果が公表されました。

第128回社会保障審議会介護給付費分科会の資料はこちらから

資料を読むと、今年度から拡充した「処遇改善加算」を取っている事業所で、常勤として働く介護職員の平均給与を昨年9月と一昨年9月で比べると、1万2310円増えている。
同金額が、基本給に反映されているかというとそうではなく、基本給は3000円程度の増額とのこと。

介護人材確保が上手くいっていない中、介護ロボットの活用や、資格取得者の介護業界復帰への補助金等、様々な策が挙げられてきているが、職員確保の重要な策の一つとしては、やはり処遇改善でしょうか。

現場で働いていて一番寂しくなるときは、働き盛りの男性介護職員が、生活費の見通しがたたずに、職場を去る時です。

年を追うごとに、結婚や育児等々、かかる費用は増えていきます。

しっかりとした定期昇給制度を確立し、人生設計のできるような業界になれば、優秀な人材も確保できて定着に繋げることができます。

ただ、今年の春闘はメインどころでもあまり上がっていませんから、介護業界は厳しいでしょうね・・・。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)





Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文