YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

介護

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

改めて認知症ケアを考えてみた

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_2808497_S















●改めて認知症ケアを考えてみた

介護現場で働いていて認知症ケアは切っても切り離せないものです。
一つに認知症ケアと言っても、医療面からのアプローチと介護面からのアプローチでは大きく違います。
ここでは、介護面からのアプローチについて話します。

①介護が目指す認知症ケア
介護が目指す認知症ケアは治すことが目標ではありません。
中核症状と言われている記憶障害や見当識障害治すことは困難です。
BPSDをなくすのは難しいかもしれませんが、限りなくゼロに近づけて、利用者が落ち着いた生活を過ごしてもらうことが出来るよう、アプローチすることです。

②BPSDとは
介護職には当たり前の言葉となったBPSD。周辺症状とも言います。
昔は問題行動なんて言っていた時期もありましたね。
このBPSD、代表的なものは暴力行為や徘徊等が挙げられます。
このBPSDには利用者個々に理由が必ずあります。
その理由を見つけだし、BPSDをなくしていくようアプローチすることが必要です。

③BPSDにも個人差が
前記②でも書きましたが、個人個人BPSDが出る理由は違います。
認知症を医学的に分類すると、アルツハイマー型・脳血管性・レビー小体型・ピック病等々、複数に分類されています。
医学的な分類に合わせ、介護的な観点から、「何故このようなBPSDがでるのか」を利用者個々で検討していく必要があります。

④認知症を発症した方々は自分の世界を作り出す
認知症を発症し中程度の進行が認められる方々は、自分の世界を作り出すことが多いです。
一番自分らしい時代に戻っている。
理想の自分になっている。
などなど。
この自分の世界はBPSDをなくすためにはとても重要です。
介護する側が、その方の世界を理解せずに、現在の世界の中でケアをしても、ケアを受ける利用者は理解できず、余計に穏やかな生活が送れなくなります。

⑤介護現場で陥りやすい問題
介護職は認知症ケアについて必ずと言っていいほど勉強をします。
資格取得の際には確実にカリキュラムに入っていますし、働き始めてから事業所での研修もあります。
認知症とは、中核症状とは、BPSDとは、認知症ケアは利用者に寄り添うことから、などなど。
確実に学んでいるのに、それをあまり活かしきれない介護職が多いように感じます。
基本は基本として、認知症ケアに重要なのは応用です。
例えば徘徊。
ずっと歩いている理由には何かあるはずなのです。
その理由を考える際にとても重要なのが、その利用者の生活歴にあります。
その方が歩き続ける理由。どこかに行きたいのか、何かをしたいのか。個々人によって違いはあり、個々に合わせたケアが必要になってきます。
介護現場で認知症ケアに注力をしていないところでは、徘徊をする理由が乏しかったりします。
トイレに行きたいのではないか、夕方になると落ち着きがなくなる人は多いから、などで済ましてしまい、その徘徊という行動を抑制することだけに頭がいってしまうのです。これでは、BPSDをなくす介護ではなく、BPSDを抑える介護ですね。
認知症ケアというものを知っていても、応用を効かせ個別ケアを提供できずにいる介護現場が多いと思います。
この問題、理解度が低いだけでなく、人員不足からも考えられます。
施設介護では個別ケアをしたくても、その利用者個人に職員一人付きっきりできない現実があり、日々、大事なことが薄れていくことも正直なところです。

⑥最後に
認知症ケアに重要な事。
その人の世界の住人になること。
我々介護職は、演技力が必須だと思います。
その方の行動を抑制するのではなく、その方の世界を理解し共存することが、BPSDを減らすことに繋がり、利用者が穏やかに過ごすことができます。
その様な利用者が増えると、施設介護現場全体が穏やかになり、介護職も働きやすい現場になります。
認知症ケアの充実は、利用者のためだけでなく、介護者のためでもあるのですね。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)



自立支援介護へ交付金に大賛成

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


pixta_16641194_S













・自立支援介護へ交付金に大賛成

2018年4月からの介護保険法の改定。現在議論が活発になってきていますが、その中で、自立支援介護への交付金があります。
簡単に言えば、国が自立支援介護の定義付けをし、その施策に則って結果を出した自治体に交付金を出すということです。

介護に全く関係していない人にはなんだかわからないでしょうが、介護事業所にとっては、この交付金は多い記です。
介護事業所の収益の多くは、国や自治体からの介護報酬です。
利用者の介護度によって介護報酬が変わります。
一番収入が多い状況は、利用者がすべて要介護5の状態です。

そんな中、介護事業者は利用者に対し、生活支援だけでなく、リハビリ等の自立支援に向けた介護を提供します。その提供したサービスによって利用者の介護度が改善された場合、事業所の収入は下がるのです。

他産業では考えられないことと思いますが、サービス提供によって結果が出た場合、収入が下がるのが介護業界です。

そこで、次期改定で自立支援介護で結果がでた自治体には交付金が出されることとなるのです。

事業所としては大きな改定となるはずです。

しかし、この改定、警鐘を鳴らしている方も多くいるようです。
「介護保険の財源難から、経費縮小のためだけの施策ではないか」
「介護事業者側の押し付け自立支援介護で利用者の気持ちを尊重しなくなるのではないか」
などなど。
介護保険の目的は自立支援であることは間違いなく、利用者が自立した生活を送れるよう支援することが介護事業者の本分であります。
ただ、そこに利用者の想いや利用者家族の想いをないがしろにしてはいけません。
利用者本位の考え方があって、その想いに対し自立支援介護を提供し、利用者の生活の継続性を目指す。それが介護であり、その中の一つでも欠けてはいけません。

この中の「自立支援介護」のみが独り歩きしているのではないかと警鐘を鳴らしている人が多いのですね。

この介護の本質が忘れられてはいけませんが、介護保険の財源難が今後更に見込まれる中、介護報酬は減らされていくことが間違いなく、介護事業所としては経営が困難になっていきます。

そこで、この交付金は、経営安定の一つの策となるはずです。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)




介護職は誰が何と言おうと誇りの持てる仕事である

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_25541714_S













●介護職は誰が何と言おうと誇りの持てる仕事である

介護という仕事。
世間一般的な意見として、「誰でもできる仕事」と思われています。
日本国民の多くが多世代で生活していた頃、平均寿命も今より短かった頃。
祖父母のお世話は家族がしていました。
介護は、そのお世話の延長線上との認識なのでしょう。

しかし、現場で働いている介護職の方はわかると思いますが、利用者に介護サービス提供をする際、簡単に、安易に提供していませんよね。

利用者お一人お一人の抱える病気や障がいの度合い、今までの生活環境や家族構成等の生活背景。
お一人お一人の価値観。
その人に合わせ、必要なサービスを設定し、実行し、成果を測定し、必要に応じて修正を加える。
そして、そのサービスは提供側の押し付けではなく、利用者や利用者家族のニーズに応えていなければなりません。
そして、サービス内容に満足していただかなくてはならないのです。

とても難しく、やりがいのある仕事と思います。

この仕組みを実行していくために、アセスメントやタ職種でのカンファレンス等、サービス提供以外の仕事も多くあるのです。

この部分を知らずに、介護は誰でもできると言っている人も多くいるのではないでしょうか。

残念なのは、介護職自身からも、このようは発言が聞かれることです。

介護の仕事に就くにはハードルが低いです。
社会福祉や介護の勉強をしてこなかった無資格者でも簡単に就業できる業界です。
こういっては何ですが、何も勉強してこなかった人、就業後も勉強しない人たちが、自分の仕事である介護のことを蔑む言葉を発信してしまうのです。

それとは別に、就業形態にも関係があると考えます。
パート比率の高い業種であり、また、平均年齢も高い傾向にあります。
パートでも、ある程度年を重ねた方でも、意識の高い方は多くいます。
が、生活の為、短時間勤務やパートタイマーという形態を選択し、とにかく与えられた仕事・時間をこなす方もいます。このような方を否定するわけでなく、こうゆう短時間勤務の方々がいてこそ、現場は廻っている現実があるのです。

若干、支離滅裂になってきましたが・・・。

誇りを持って仕事に向かうことができる業界になるには、先ず、現場介護職が一人一人意識を持って勉強に励み、企業は大学等の研究機関と共同し、様々な研究事例を積み重ね、介護が学問として認められるとまではいかなくても、もっと学問に近づき、介護職就業の敷居が高くならなくてはと思います。

「介護業界は人員不足だから敷居を低くする」ではなく、敷居を高くし業界が地位向上していくことで、賃金も追いつき、意識の高い人材が集まり定着できていくのではないかなあと。

私も頑張ります。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

「不適切ケア」って言葉にずっと違和感がある

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_17430269_S













「不適切ケア」って言葉にずっと違和感がある

高齢者虐待。自宅でご家族が起こしてしまうことが多いですが、介護施設内での発生件数も少しずつですが増えてきています。

高齢者虐待を撲滅するため、介護事業者は様々な方法で、職員育成に励んでいます。

その研修内容に、「虐待をなくすには不適切ケアのうちに虐待の芽を摘み取る」という言葉をよく見ます。介護職員の方なら、一度は必ず聞いたことがあるのではないでしょうか。
この不適切ケアの範囲がとても広く、そして、介護現場で多く見かけるのが現状です。

下のYouTube動画。
神戸市作成の研修動画です。
私が今まで見てきた中で、実情に沿った良い内容だなと感じましたので、ご紹介させていただきます。
見たことが無い方は、一度見てみてください。



見た感想はいかがでしょう。
「自分の働いている現場でも、近い内容を見たことがある」や「近いケアをしていたかもしれない」という方が多いのではないでしょうか。
実際、虐待が起こってしまった現場では、このような不適切なケアが横行していて、虐待まで発展してしまったケースが多いようです。

この不適切ケア。介護職員には常識的な言葉ですが、介護を受ける高齢者やそのご家族は聞いたことが無い方が多いでしょう。そして、こんなケアが横行しているということも知らないでしょう。

介護施設で働いている職員は、虐待を発見した場合は通報義務があります。
しかし、この不適切ケアを発見しても行政への通報義務もありませんので、各現場で解決していかなくてはいけません。

上段でも申しましたが、不適切ケアは範囲が広く、また、悪いことをしていると気づいていない方も多い。

私が今まで一番見てきた不適切なケアは、お客様を無視して(無視していると認識している方が少ない)職員同士話をしているという場面です。
複数のお客様に食事介助を複数の職員が行っている際、職員同士が話をしているのです。仕事の話ならまだしも(仕事の話もNGですよ!)、「昨日○○へ行ってきた」等、プライベートの話をしているなんてことも。そこにお客様がいるのに・・・。逆の立場になって考えてみれば、簡単に理解できるでしょう。自分がレストランで食事をしている時に、ウエイターさん同士が話をしていることなんてありますか。ないですよね。サービス業としてあってはならないことなのです。このような行為に発展してしまう背景には、認知症を患っている方は理解できないのではという考えも見え隠れします。根本の認識がこのような状態で、高齢者の尊厳が守れるのでしょうか。
見かけるたびにいつも怒りを感じます。

私も一介護職員として、このような現場だけではなく、素晴らしいケアをしている現場も多くあるということは胸を張って言いたいと思います。

不適切ケアという言葉でごまかさないでほしいと思います。
介護職員一人一人、自分のケアを振り返ってもらいたいと思います。
介護現場の長は、現場をしっかりと見て回って、不適切ケアの芽を摘んでほしいと思います。

介護現場がより良くなるために。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

明けましておめでとうございます

lgf01a201410142100














明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

本年平成29年は、平成30年の介護保険改正に向けた本格的な議論が始まるでしょう。

介護業界の動向を皆様と一緒に注視していくと共に、介護業界をより良くするため、微力ながら力を尽くしてまいります。

本年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。


YKB株式会社
代表取締役 吉田武士



Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文