YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

介護

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

自立支援介護へ交付金に大賛成

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


pixta_16641194_S













・自立支援介護へ交付金に大賛成

2018年4月からの介護保険法の改定。現在議論が活発になってきていますが、その中で、自立支援介護への交付金があります。
簡単に言えば、国が自立支援介護の定義付けをし、その施策に則って結果を出した自治体に交付金を出すということです。

介護に全く関係していない人にはなんだかわからないでしょうが、介護事業所にとっては、この交付金は多い記です。
介護事業所の収益の多くは、国や自治体からの介護報酬です。
利用者の介護度によって介護報酬が変わります。
一番収入が多い状況は、利用者がすべて要介護5の状態です。

そんな中、介護事業者は利用者に対し、生活支援だけでなく、リハビリ等の自立支援に向けた介護を提供します。その提供したサービスによって利用者の介護度が改善された場合、事業所の収入は下がるのです。

他産業では考えられないことと思いますが、サービス提供によって結果が出た場合、収入が下がるのが介護業界です。

そこで、次期改定で自立支援介護で結果がでた自治体には交付金が出されることとなるのです。

事業所としては大きな改定となるはずです。

しかし、この改定、警鐘を鳴らしている方も多くいるようです。
「介護保険の財源難から、経費縮小のためだけの施策ではないか」
「介護事業者側の押し付け自立支援介護で利用者の気持ちを尊重しなくなるのではないか」
などなど。
介護保険の目的は自立支援であることは間違いなく、利用者が自立した生活を送れるよう支援することが介護事業者の本分であります。
ただ、そこに利用者の想いや利用者家族の想いをないがしろにしてはいけません。
利用者本位の考え方があって、その想いに対し自立支援介護を提供し、利用者の生活の継続性を目指す。それが介護であり、その中の一つでも欠けてはいけません。

この中の「自立支援介護」のみが独り歩きしているのではないかと警鐘を鳴らしている人が多いのですね。

この介護の本質が忘れられてはいけませんが、介護保険の財源難が今後更に見込まれる中、介護報酬は減らされていくことが間違いなく、介護事業所としては経営が困難になっていきます。

そこで、この交付金は、経営安定の一つの策となるはずです。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)




介護職は誰が何と言おうと誇りの持てる仕事である

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_25541714_S













●介護職は誰が何と言おうと誇りの持てる仕事である

介護という仕事。
世間一般的な意見として、「誰でもできる仕事」と思われています。
日本国民の多くが多世代で生活していた頃、平均寿命も今より短かった頃。
祖父母のお世話は家族がしていました。
介護は、そのお世話の延長線上との認識なのでしょう。

しかし、現場で働いている介護職の方はわかると思いますが、利用者に介護サービス提供をする際、簡単に、安易に提供していませんよね。

利用者お一人お一人の抱える病気や障がいの度合い、今までの生活環境や家族構成等の生活背景。
お一人お一人の価値観。
その人に合わせ、必要なサービスを設定し、実行し、成果を測定し、必要に応じて修正を加える。
そして、そのサービスは提供側の押し付けではなく、利用者や利用者家族のニーズに応えていなければなりません。
そして、サービス内容に満足していただかなくてはならないのです。

とても難しく、やりがいのある仕事と思います。

この仕組みを実行していくために、アセスメントやタ職種でのカンファレンス等、サービス提供以外の仕事も多くあるのです。

この部分を知らずに、介護は誰でもできると言っている人も多くいるのではないでしょうか。

残念なのは、介護職自身からも、このようは発言が聞かれることです。

介護の仕事に就くにはハードルが低いです。
社会福祉や介護の勉強をしてこなかった無資格者でも簡単に就業できる業界です。
こういっては何ですが、何も勉強してこなかった人、就業後も勉強しない人たちが、自分の仕事である介護のことを蔑む言葉を発信してしまうのです。

それとは別に、就業形態にも関係があると考えます。
パート比率の高い業種であり、また、平均年齢も高い傾向にあります。
パートでも、ある程度年を重ねた方でも、意識の高い方は多くいます。
が、生活の為、短時間勤務やパートタイマーという形態を選択し、とにかく与えられた仕事・時間をこなす方もいます。このような方を否定するわけでなく、こうゆう短時間勤務の方々がいてこそ、現場は廻っている現実があるのです。

若干、支離滅裂になってきましたが・・・。

誇りを持って仕事に向かうことができる業界になるには、先ず、現場介護職が一人一人意識を持って勉強に励み、企業は大学等の研究機関と共同し、様々な研究事例を積み重ね、介護が学問として認められるとまではいかなくても、もっと学問に近づき、介護職就業の敷居が高くならなくてはと思います。

「介護業界は人員不足だから敷居を低くする」ではなく、敷居を高くし業界が地位向上していくことで、賃金も追いつき、意識の高い人材が集まり定着できていくのではないかなあと。

私も頑張ります。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

「不適切ケア」って言葉にずっと違和感がある

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_17430269_S













「不適切ケア」って言葉にずっと違和感がある

高齢者虐待。自宅でご家族が起こしてしまうことが多いですが、介護施設内での発生件数も少しずつですが増えてきています。

高齢者虐待を撲滅するため、介護事業者は様々な方法で、職員育成に励んでいます。

その研修内容に、「虐待をなくすには不適切ケアのうちに虐待の芽を摘み取る」という言葉をよく見ます。介護職員の方なら、一度は必ず聞いたことがあるのではないでしょうか。
この不適切ケアの範囲がとても広く、そして、介護現場で多く見かけるのが現状です。

下のYouTube動画。
神戸市作成の研修動画です。
私が今まで見てきた中で、実情に沿った良い内容だなと感じましたので、ご紹介させていただきます。
見たことが無い方は、一度見てみてください。



見た感想はいかがでしょう。
「自分の働いている現場でも、近い内容を見たことがある」や「近いケアをしていたかもしれない」という方が多いのではないでしょうか。
実際、虐待が起こってしまった現場では、このような不適切なケアが横行していて、虐待まで発展してしまったケースが多いようです。

この不適切ケア。介護職員には常識的な言葉ですが、介護を受ける高齢者やそのご家族は聞いたことが無い方が多いでしょう。そして、こんなケアが横行しているということも知らないでしょう。

介護施設で働いている職員は、虐待を発見した場合は通報義務があります。
しかし、この不適切ケアを発見しても行政への通報義務もありませんので、各現場で解決していかなくてはいけません。

上段でも申しましたが、不適切ケアは範囲が広く、また、悪いことをしていると気づいていない方も多い。

私が今まで一番見てきた不適切なケアは、お客様を無視して(無視していると認識している方が少ない)職員同士話をしているという場面です。
複数のお客様に食事介助を複数の職員が行っている際、職員同士が話をしているのです。仕事の話ならまだしも(仕事の話もNGですよ!)、「昨日○○へ行ってきた」等、プライベートの話をしているなんてことも。そこにお客様がいるのに・・・。逆の立場になって考えてみれば、簡単に理解できるでしょう。自分がレストランで食事をしている時に、ウエイターさん同士が話をしていることなんてありますか。ないですよね。サービス業としてあってはならないことなのです。このような行為に発展してしまう背景には、認知症を患っている方は理解できないのではという考えも見え隠れします。根本の認識がこのような状態で、高齢者の尊厳が守れるのでしょうか。
見かけるたびにいつも怒りを感じます。

私も一介護職員として、このような現場だけではなく、素晴らしいケアをしている現場も多くあるということは胸を張って言いたいと思います。

不適切ケアという言葉でごまかさないでほしいと思います。
介護職員一人一人、自分のケアを振り返ってもらいたいと思います。
介護現場の長は、現場をしっかりと見て回って、不適切ケアの芽を摘んでほしいと思います。

介護現場がより良くなるために。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

明けましておめでとうございます

lgf01a201410142100














明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

本年平成29年は、平成30年の介護保険改正に向けた本格的な議論が始まるでしょう。

介護業界の動向を皆様と一緒に注視していくと共に、介護業界をより良くするため、微力ながら力を尽くしてまいります。

本年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。


YKB株式会社
代表取締役 吉田武士



介護職の離職防止策

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_23705112_S









・介護職の離職防止策


介護職は人手不足と何年も言われています。
良い人材を確保するのも重要ですが、人材を失うことも防ぐ策が必要です。
国も積極的に検討し始めてきている中、各介護現場は何に注意していかなければならないのでしょうか。

①賃金について
平成29年度に臨時の介護報酬改定が行われることが決定したというニュースがありましたね。
定期昇給を要件にとのことですが、現行の処遇改善加算に1万円がプラスされます。
以前の記事「
介護人材確保対策①~賃金について~」でも書かせていただきましたが、介護という仕事はキャリアによって賃金に大きな差が無いことや、定期昇給が無い事業所もあったりで、人生設計ができない給与体系が多く、先が見えないという理由で介護業界から離れる方々も少なくありません。
介護職の処遇改善加算は現行4段階あり、来年度の新設で5段階となります。
各事業所にて要件がそろえば、一人当たり最高額の3万7千円相当の加算がもらえます。
ですので、各介護現場は必要要件をそろえ、もらえる加算はしっかりともらい、職員へ還元する努力が必要ですね。

②職場環境について
介護業界の離職理由は、別に低賃金が突出しているわけでなく、他産業と同じく「結婚・出産」や「会社理念が合わない」などが多く、その中に職場内の人間関係や雰囲気というものも含まれています。
介護という仕事は、常に顧客と接する仕事であり、その最中に肉体労働もあり、職員同士だけでなく、顧客とのコミュニケーションも上手く取れないことがあることから、精神的な負担も感じることが多いです。
各事業所で出来る努力として、現場長や施設長は、職員個々の様子を逐一観察し気にしてあげることです。
人間は承認されることで解消されることが多くあります。
上司に「見られている」「心配されている」と感じるだけで、解消されるストレスもあります。
このように人間関係が築けていけると、自然と相談できる環境ができてくるはずです。
ここまでくれば、「職場の雰囲気」で離職する人は減っていることでしょう。

③無駄な業務をが多い
介護施設を例に挙げますと、毎月9日の休日があります(2月は月数が少ないので8日)。
その他有給等(取得できるかは別として・・・)ありますので、介護業界を知らない人が見ても、しっかりと休みが取れていると感じるのではないでしょうか。
しかし、無駄な業務が多く、時間外勤務や休日出勤が多いのが現状です。
ここでいう無駄な業務というものは、あくまでも私見です。

先ず「会議」。
これが結構多い。
施設全体の会議、介護施設では数チームつくりケアの提供をしていますので、そのチーム会議、利用者個々のケアを検討するケアカンファ。その他、レクリェーションや業務改善の検討をする会議などなど、会議と呼ばれるものが多すぎる。
本当に無駄だなと思うのは、報告事項を伝えるだけの会議。そんなものは報告内容や共有事項を紙で配ればよい。報告事項だけで会議をするのは必要ない。上役の自己満足です。
中でも酷いのは、会議内でのディスカッション内容を当日まで伝えない会議。集まったその場で「今日は〇〇について検討します」と言われて、ぱっと浮かぶ意見は浅い無いようになってしまいます。事前に課題を伝え、その場に意見を持ってきてもらう。会議の基本だと思いますが、介護現場では基本中の基本が出来ていないのです。
会議の準備は大体が上役の仕事だと思います。
旨い会議ができないということは、上役のレベルがその程度ということ。尊敬できる上司には見えないと思います。意識の高い人は去っていくのは目に見えていますね。
そして各チームでの会議やケアカンファの内容は重複していることが多く感じます。個別ケアの検討は、日々の業務内で行っていることが多く、わざわざ集まってすることでもないような気がします。
このような無駄な会議をするくらいなら、もっと研修を行った方が良いですね。

次に「レクリェーション等の準備」
季節毎の大きな行事だけでなく、介護施設では日々利用者にレクリエーションを提供しています。
この準備を休日出勤したり、家に持ち帰ってしたという介護職員も多いのではないでしょうか。
通常業務内では間接業務はできないから、時間外で行うというのが日常的になっています。
私は工夫次第で、日常業務に組み込めると考えています。
それはシフトの組み方と各職員への情報共有です。
シフトは介護現場の作戦そのもの。
人材育成したい時は、重要なポジションを務めさせることや組ませる職員等をシフト内で検討できます。
このレクリェーション等の準備もそう。毎日の業務内で準備に充てる時間を30分でも作ることができれば、大分違います。
上手くシフトを作っている介護現場はありますが、その意図が上手く現場職員に伝わっていないことがあり、せっかくの良い作戦が機能していないこともあります。
シフト作成の能力次第で、時間外も休日出勤も格段に減らせます。
休みが少ないのではなく、無駄な時間外勤務が多いだけですので、改善の余地ありですね。

④最後に
職員のまとめかたや業務調整だけで、職場の雰囲気というものは大幅に改善されます。
それは、現場の上役のスキル次第。
「なんでうちの現場は辞めていく人が多いのだろう」と悩んでいる皆さん。
自分の仕事への姿勢や能力を、今一度見直してみてはいかがでしょうか。


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文