YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

処遇改善

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

ベネッセの介護職処遇改善から業界はどうなっていくか

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_20029852_S














・ベネッセの介護職処遇改善から業界はどうなっていくか

3月22日に株式会社ベネッセホールディングスよりニュースリリースがありました。
介護人材確保策として、大幅な処遇改善を行うという内容です。

株式会社ベネッセホールディングスのニースリリースはこちらから

全体で13億の投資。
賞与の月数を増やすことと、勤務地手当の増額をするとのこと。
最大で月35,500円の増額というから驚きです。
人材確保困難な地域に特化した内容のようですが、思い切ったことをされましたね。

先行投資によって人材確保をする。
なかなかできないことです。

就業先を探す際に処遇は大きな選択肢の一つですので、良い結果がでるのではないでしょうか。

このベネッセの処遇改善。
介護業界の競合他社にも大きな影響が出ることでしょう。
ただでさえ人材確保が困難な状況で、近隣にベネッセの介護施設があった場合、他の事業所は更に難しくなることでしょう。
人材確保が出来なくなった先には、利用者数の制限から売り上げ減、更には閉鎖に繋がることも。
この人件費の価格競争に、中小零細はどう戦っていくかですね。

ベネッセもこの先行投資を失敗しないために、利用者確保も成功させなくてはいけません。
そして、人材確保の先の育成も失敗の無いようにしなくてはいけません。

とにかく、この処遇改善から業界図が少しづつ変化していくことは間違いありません。
事業存続の憂き目にあわないよう、他事業所も頑張り時ですね。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)

介護職員の賃上げ1.2万円超

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_18456423_S














介護職員の賃上げ1.2万円超

3月30日に開催された社会保障審議会介護給付費分科会にて、介護職員の処遇の動向を把握するために実施した調査の結果が公表されました。

第128回社会保障審議会介護給付費分科会の資料はこちらから

資料を読むと、今年度から拡充した「処遇改善加算」を取っている事業所で、常勤として働く介護職員の平均給与を昨年9月と一昨年9月で比べると、1万2310円増えている。
同金額が、基本給に反映されているかというとそうではなく、基本給は3000円程度の増額とのこと。

介護人材確保が上手くいっていない中、介護ロボットの活用や、資格取得者の介護業界復帰への補助金等、様々な策が挙げられてきているが、職員確保の重要な策の一つとしては、やはり処遇改善でしょうか。

現場で働いていて一番寂しくなるときは、働き盛りの男性介護職員が、生活費の見通しがたたずに、職場を去る時です。

年を追うごとに、結婚や育児等々、かかる費用は増えていきます。

しっかりとした定期昇給制度を確立し、人生設計のできるような業界になれば、優秀な人材も確保できて定着に繋げることができます。

ただ、今年の春闘はメインどころでもあまり上がっていませんから、介護業界は厳しいでしょうね・・・。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)





Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文