みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_23422164_S














・誰のための介護か

具体的な題名では無いので、ちょっと内容が分からないかもしれません。

誰のための介護か。
誰に向いて仕事をしているのか。
介護職として感覚が麻痺してしまっているのではないか。

施設系の介護現場で働いていると、このような疑問が湧いてくる言動を見聞きすることが多々あります。
例を挙げさせていただくので、読んでいただいた方と一緒に考えることができたらなあと思っています。

①他の職員に怒られるからちゃんと仕事する
「今日は○○さんがと一緒に仕事だから、きれいにしなきゃ」と言いながら、利用者の排泄介助や更衣介助をする。結果的に利用者に対しきちんと介助をするのだから良いのかもしれないけど・・・。その利用者の意思は、気持ちはどこにあるのでしょうか。目の前の人に対し、その人が気持ちよく生活するために、それだけを考えて介護をすれば良いだけなのに、他の職員に怒られないように注意されないように介護をするというのは、本質から外れているとしか思えません。

②家族が面会にくるから整容をする
面会に来るご家族の中には、面会前に電話連絡をしてくれる方が多い。施設の行事や自分の家族のスケジュールに合わせて面会に来ることがその理由だけど、介護施設側は違う。「○○さんのご家族がくると電話が来ました」と連絡を受けてから、その利用者のお部屋を整理したり、服を整えたり髭を剃ったり・・・。誰のために介護を行っているのか。施設は生活の場なので家と同じ感覚になっていただけることは嬉しいことですが、介護職員側の勝手な判断があってはいけないと思います。利用者の個室内はプライベートな空間ですが、個室を一歩出て共用部にでれば、そこはプライベートな空間ではなく、パブリックスペースです。自分たちもそうですが、家から出かける時はしっかりと身だしなみを整えますよね。利用者も同じ。朝起きてパブリックスペースに出る際は、しっかりと整容するべきで、自分で出来ない方には介護職員がしっかりとお手伝いするべきなのです。普段は髭も伸ばしっぱなしなのに、家族が面会に来るから急いで整容をする。本末転倒。誰に向いて仕事をしているのでしょうか。

特に②に書かせていただいたことは、多く見聞きします。そして、それが悪いことと感じている人が少ないのです。認知症をお持ちでご自分の意思を伝えられない方々に対し、人としてしっかりと向き合っているのか疑問です。
昨今、介護現場で問題になっている虐待。
その虐待の一歩手前の「不適切ケア」。上記に書かせていただいた内容も十分「不適切ケア」に該当すると思います。

介護現場で働いていない人は「そんなことあるのか」と驚く方もいるかもしれません。
私が見てきた関係してきた施設では、程度の差こそあれ、必ずあったかなあと。

誰のために仕事をしているのか、誰に向いて仕事をしているのか。

普段の自分の仕事、自分の働く他の職員の仕事を振り返り、身に覚えがあったら、意識改革から始めていただけたらと、切に願います。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)