YKBの介護改革 ~介護業界をより良くするために~

介護業界を少しでも良くしていきたいと考える、自費介護サービス「YKB株式会社」代表のブログです。

特養

~ I live my own life ~
人生を自分らしく生きる

私たちは、高齢者や、障がい・ご病気をお持ちの
介護の必要な方に充実した生活を、
そして、そのご家族の皆様にも、
充実した生活を送っていただくために、
お手伝いをさせていただきます。

平成30年介護報酬改定【特養の改定案】

みなさま、こんばんは。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。

pixta_32691757_S













平成30年介護報酬改定【特養の改定案】

今回は特養について。
改定案の内容は以下のとおり。

①医療ニーズへの対応
・配置医師の早朝、夜間、深夜対応の評価
⇒届出が必要(施設と医師の間で具体的な取り決め、複数の配置医師)
⇒看護体制Ⅱの算定
・常勤医師配置加算の要件変更
⇒ユニット型従来型一体の場合は1名でも双方で算定可能に
・配置医師による対応方針の作成を義務付け
・夜勤職員配置加算を拡充
⇒看護職員又は認定特定行為業務従事者の配置
・見取りの評価
⇒配置医師の体制を整備し、施設で看取った場合を手厚く

②自立支援、重度化予防の推進
・外部のリハ職との連携した場合でも個別機能訓練加算算定可能に

③ユニット型準個室の名称変更
・ユニット型居室に

④外泊時の在宅サービス利用
・特養職員が行った場合の評価新設(外泊時の報酬と併給不可)

⑤障害者生活支援体制強化加算
・小規模施設も対象に
⇒「15人以上」に、「定員の30%以上」を追加

⑥身体拘束見実施減算の見直し
・要件の強化
⇒対策を検討する委員会を3か月に1回以上、指針作成、定期的な職員研修

⑦小規模型、旧措置型報酬の見直し
・通常の基本報酬に統合、引き下げ


看取り強化がメインの様ですね。
厚労省の調査によると、平成28年4月から9月の1施設当たりの平均退所者は7.2人。4割が施設内での死亡で、入院後の死亡が29%。入院施設不足を見越し、施設での看取りを増やしていきたいとのこと。

上記④の外泊時の在宅サービス利用は可能なのだろうか。というか、そもそも、現場にそんな余裕はあるのだろうか。現場シフトを組むだけで厳しい状況でしょうから、外泊者の家に訪問させるのは・・・。

医療的ケアに強くし、看取り件数を増やしていくことが、特養の生き残り策ですね。

(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です)


多床室とプライバシー

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


今日は介護施設でのプライバシーについてお話させていただきます。

この件についても、第104回社会保障審議会・介護給費分科会の中で議論されていた内容
です。

『入所者の居住環境の改善を図る観点から、これまで、「個室ユニット型施設」の整備を推進し、
新設のものを中心として一定の整備が進んできているが、一方で、一定数の自治体において、
地域の実情に応じて多床室の整備が行われてる実態に鑑み、多床室の居住環境を向上させる
観点からも、プライバシーに配慮した多床室の在り方を検討する必要があるのではないか。』

という内容が論点として挙げられていました。

現在の方針を簡単に言えば、多床室を無くしていくということでしょう。

本当に無くしていいのでしょうかね・・・。

確かにカーテンだけの仕切りでは、プライバシーの問題があるものわかります。
自分の空間が無い中でも生活は辛いこともあります。それが、介助を必要とする方からすると、
尚更でしょう。
でも、そのようなことは気にしないという逆の意見もあるのではないでしょうか。

同会の有識者の皆様からも活発な意見が挙がっていました。
・多床室にはニーズがある
・プライバシー保護の尺度を明確にするべき
 (どこまで守れば、プライバシーの保護になるのかという線引きらしいです)
などなど。

少しでも費用を抑えてでも、多床室に入居したいという方も多いと思います。

ちょっと脱線しますが、私も多床室?のような場所で共同生活をした経験があります。
個室をパーテーションで区切って、と言っても天井まで届いていませんので、同じ空間です。
そこで、数か月仲間と生活しましたが、とても良い経験でした。
確かに、人間同士ですから、合う合わないはありましたが、寝食を共にするというのは、目に見え
ない絆が深まる効果もあると感じました。

ですので、私が年を重ねて入居を考えなければならなくなったら、多床室も良いかなと思います。

原則ユニットケアを推進していき、多床室を無くすのではなく、多床室の在り方と今後も方向性を
固めていきたいというのが、私の意見です。

どうなっていくかな・・・。


今回の分科会の資料は以下からダウンロードできます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000051884.html


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です) 

特養の地域貢献

みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


本日は、特養の地域貢献についてお話をします。

7月23日に傍聴してきた、社会保障審議会・介護給費分科会での議題の一つでした。

特別養護老人ホームが地域づくりの拠点として活躍できる環境を整えるため、その運営に関する
ルールの緩和を検討するとのこと。

同員会の論点として示されていましたが、参加有識者からは、特に異論がでていなかったな・・・。

特養が地域包括ケアで主体的になる・・・イメージが湧かない。
私も、介護業界の常識に囚われてしまっているのかもしれないですね。

具体的には、地域密着型サービス事業所の併設や職員の配置に関するルールについて、より良い
効果を生み出せる見直しを協議していくということです。

個人的な意見ですが、現在の人員基準等では、目の前のお客様対応以外のことに人員を割くことは、
結構厳しいと思います。

ハード面、ソフト面の両面からの効率化と、介護・看護職員だけでなく、事務系職員の有効活用や、
ボランティアの皆さんのご協力があれば(半永続的なシステムが必要)何とかなるかもしれません。

今秋にも審議会で具体的な内容が提案されるようなので、楽しみに待ってみたいと思います。


今回の分科会の資料は以下からダウンロードできます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000051884.html


(文中の意見や言葉は、筆者の個人的見解です) 
Twitter プロフィール
日本がこれから迎える「超高齢化社会」。 国は、地域は、市民は、企業は何ができるか、どう繋がっていくか。考え、交流できたらと思います。
メッセージ

名前
メール
本文