みなさま、おはようございます。

自費介護サービスYKB代表の吉田です。


今回は、資本金の払込みについてです。
前回、定款の認証についてお話しましたが、この定款の認証前に、資本金の払い込みをしても、資本金として認められません。定款認証が終わった後に、資本金の払い込みをするよう注意してください。

発起人代表の預金口座に、発起人全てが資本金を払い込みます。
これは、新規に開設しなくても、既存の口座で問題ありません。

発起人が複数いる場合、いつ、誰が、いくら振り込んだのかわかるようにすると、混乱することなくスムーズに手続きが進むと思いますので、発起人の氏名が通帳に印字されるよう振り込むことをお勧めします。

そして、払い込みが終了したら、代表取締役は、払い込みがあったことを証する書面を作成します。
払込み総額、発行株式数等記載し、通帳のコピーを添付します。

下記リンクで、見本が確認できます。

ご参考まで。

払込みがあったことを証する書面【見本】 PDF(147.92KB)